freeeなどのクラウド会計の導入・運用支援

freee(クラウド会計)の導入・運用→経営の効率化を田園調布坂上事務所はお手伝いします。

 

なぜ今、クラウド会計?

一言で言えば、「早い経営」が可能になります。
早い経営ができれば、他に先立って動くことができ、ビジネスで大きな差をつけることができます。
また、時間的な余裕ができて、本業により時間を割くこともできます。
では、何が早いのでしょうか。

情報の共有が早い

クラウド会計を導入すれば、どこでも会計情報を参照することができます。
例えば、税理士との電話やチャットの打ち合わせの際、直前まで入力しきれていれば、即座に最新の情報が税理士のもとに届くので、それをもとにして打ち合わせすることが可能です。
また、一人が入力して、上司などがリアルタイムにチェックして質問・指摘して対応させることも可能です。

入力が早い

まず、大抵のクラウド会計ソフトは銀行口座と連携することが可能です。そのため、銀行取引の内容を取り込めば、会計情報の手入力が少なくなり、その分入力スピードが早くなります。
また、レシートや領収書などを読み込ませてクラウド会計に取り込めば認識して入力の手助けになりますので、その分、スピードが早くなります。
最後に、外部の請求書作成サービスなどと連携することなどにより請求書作成などをすれば即刻入力が完了するのでその分スピードがアップします。

クラウド会計導入・運営の足かせになるもの

しかし、クラウド会計には導入・運営上の問題もあります。

  • 設定がややこしく、自力で行うのは難しい
  • 会計を「早く」するためにどういうサービスを入れればいいのかわからない
  • そもそも誰に相談すればいいのかわからない

といったことで、導入をためらうまたは導入しても中途半端なものになってしまい、早くなるどころか足かせになってしまうケースも多くあります。

田園調布坂上事務所はクラウド会計(freee)の導入・運用をお手伝いします。

そこで当事務所はfreeeの導入・運用のお手伝いをいたします。

  • まずは、お問い合わせフォームからお問い合わせください。折返しご連絡を差し上げます。
  • 当事務所を導入・運営上の問題について伺います。そのうえで最善策をご提案いたします。
  • その後、ご訪問または当事務所内での作業によってクラウド会計導入・運用のお手伝いをいたします。

まずは、お問い合わせください。

中川 崇をフォローする
田園調布坂上事務所
タイトルとURLをコピーしました